HOME | コーチング
 

 
コーチング人生の中、仕事・家事・家庭・家族など日常の中の イライラやフラストレーションを全て受け止める メンタルヘルスを考えたメンタルコーチングをしていきたいですね。 ちょっとした悩み、ストレス、解決したいこと、実現したい目標がある場合も、 ●コーチングってよくわからない、説明を聞きたい方へは、 無料にてご説明をしております。連絡をお待ちしております。

コーチングとは

コーチングは主に「質問」と「傾聴」を主体としたコミュニケーションとなります。
お話しを聴き、メンタルサポーターが「質問」をする、その質問に対して「答える」。この繰り返しのコミュニケーションとなります。
アドバイスはあまりいたしません、ご相談するかたの主体性を大切にしています。
主体性とは、「自分で考え、自分で答を見つける(見いだす)」こととなります。自分で考え、答を見いだすので行動につながります。


個人の生活やキャリアにおける目標、ヴィジョン、夢へと到達したい願い、目標にしていることがある場合は教えて下さい。
 問題を抱えていたり、迷うがあったり、心がモヤモヤしていることがある場合は、その状況・状態をお聴きします。
●パーソナルコーチングでは
 ・人間関係の改善
 ・メンタルマネジメント 
 ・個人が持つ目標の実現 など
 ・問題を抱えていたり、迷いがあったり、心がモヤモヤするときなどサポートできます。
 
●メンタルサポーター 平澤歌奈絵(ひらさわ かなえ) 
 日本プロカウンセリング協会 プロカウンセラー研修講座修了
 財団邦人生涯学習開発財団 認定コーチ
 NLP研究所認定NLPマスタープラクテショナー
 芸術療法コース修了
 

実績

  • 2004年~2013

 インターネットカウンセリングシステムマネージメント業務
 『コーチが見守る90日ダイエット』の運営責任者、コーチ育成
 ダイエットコーチングサポート

  • 2007年~2008

 文部科学省委託 専修学校社会人新キャリアアップ教育推進事業講座担当
 ・平成18年度 文部科学省委託 専修学校社会人新キャリアアップ教育推進事業  
 「子ども指導者 養成講座:キッズコーチングの技術」担当
 ・平成18年度 文部科学省委託 (専修学校教育重点支援プラン)
  「スポーツトレーナー育成の高度化」 
  「キッズコーチング手法」指導者向け研修会担当
 ・平成20年私立学校教職員向け
 「生徒の意識を変えて能力を発揮させる」 講習講座担当

  • 2007年~2008

 文部科学省委託 (専修学校教育重点支援プラン)研修担当
 ・「スポーツトレーナー育成の高度化
 ・「キッズコーチング手法」指導者向け研修会担当

  • 2008年~2008

 私立学校教職員向け講座担当
「生徒の意識を変えて能力を発揮させる」 講習

  • 2010年~2010

女性のためのワークショップ実施
・“欲バリ女性”のための『魅力発見カフェ』 
・こころを癒す ワークショップ ~楽しみながら、こころを癒す

  • 2011年~2012

 大学生向けコーチング担当
 インターシップオリエンテーリング・特別講習
 (~コミュニケーションスキルを意識して使う)

  • 2012年~2016

 就活アドバイス
 就職活動の悩み事、ご相談スタート。メンタルの部分に関してとスキルの面においても対応しています。

  • マネージメント業務

 自治体、企業向けの人材派遣、紹介事業における人材マッチング業務

  • 2014年~

 エキサイトお悩み電話相談室カウンセラー
 恋ラボチャット チャット相談カウンセラー

自己紹介(プロフィール)

私が人に興味を持ち始めたのは、小学生の頃です。
今でもおぼえているのですが、私自身「褒められる」という経験があまりなかったんだろうと思いますが、
褒められる子と、褒められない子がなんでいるのだろうと?
子供ながらの疑問をもったのが始まりです。
褒められたいとう気持ちより、同じ子供なのに何が違うのか?なんで自分は褒められないのか?というような疑問をもちました。
 
私は、絵本を読めば本当にその世界があると信じ、「ガリバーの冒険」を読めば、学校帰りに空を見ながらこのずっと先にガリバーがいるのかな?とか、「おもちゃのチャチャチャ」を読めば、寝静まったころおもちゃ達が遊んでいるところを見るために、薄目にしてそのおもちゃ達をみようとしたり、夜中壮大で美しい夜空の天野川を見たときは、次に見れるまで何度も夜中に起きチャレンジしているような子供もでした。
また、自分で日々感じる気持ちに対して、なんでこのように感じるんだろうか?と考えたりするような子供でした。
 
心理の世界と出会ったのが高校生の時です。
きっかっけは、人とのコミュニケーションについて、うまくできるようなタイプではなかったかと思います。その時に「内向的・外向的」という言葉を聞き私は内向的かな?と思い、内向的とは何だろうか?というところから、ユングの「人間のタイプ」という本を買い、読んだというのが心理の世界と出会ったきっかけです。
そして、高校生の時バドミントン部に所属しており、試合などで緊張する自分のメンタル強化に「ドイツの神経科医シュルツ(Shultz, J. H.)自律訓練法」のテープを購入して、毎朝晩聞いていました。
 
それから、結婚し離婚が心理学をあらためて学ぶ機会となりました。
幸運なことに、ヒッピー発祥の地でもあるアメリカ西海岸は、東洋哲学と心理学を融合した精神世界いわゆるニューエイジのメッカであり、
心理学の聖地であるエサレン研究所での宿泊しながら滞在型で行われるワークショップに参加することができ、自己探求のためのワークショップや各種セラピーを受け、自己を再生していくことができました。
また、米国音楽・教育・健康研究所ドン・キャンベル博士のワークショップや思わず息を呑むような雄大な自然と、参加している各国々の人達と過ごした時間も心の癒しへと導いてくれました。
 
日本帰国後、仕事中に「コーチング」というコミュニケーションの手法をネットで読み、すごい!と思い、すぐにコーチングを学び、NLP(Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)の略)という、心理学と言語学をもとに体系化した人間のコミュニケーションに関する新しい学問に出会いながら芸術療法を学び自然とメンタルをサポートしていくようになっていました。
 
メンタルサポーターとしての意味は
カウンセラーとして、メンタルコーチとして、お客様のお話をお聴きしていて、一つの手法だけでの見方~かかわり方が、私としては、少し思いに入っていかない感覚があり、ご本人の状況・状態や、ご自分に対しての理解度や自己受容度、感情受容や特定の人や出来事に対する捉え方について、よく確認して見極めながら必要な手法を活用してサポートしていくことが大切だということがあり、メンタルサポーターとして活動しております。
 
私たちは過去・現在・未来という3つの時間の相をもっていますが、メンタルサポートを行うときは、今まで体験を通して経験してきました、アウェアネス(気づきを持つこと)、プレゼンス(今ここに在ること) に意識を向けて、〝目の前にあること〟や〝今、起きていること〟〝お客様〟〝自分自身〟とのつながり(コネクション)を大切にしサポートをいたします。
 
日々生きていく中で、イライラ・クヨクヨ・不快な感情、嫌いな自分、愚痴りたくなったり、ネガティブになったり、将来の不安を感じたりすることはあります。
 
現在、心理学・芸術療法などで学んだ手法とエサレン研究所で体験したことを活用し、
一人一人が持つ無限の可能性を信じ、「気持ちよく1日を過ごし、自分らしく生きていきたい未来への一歩&幸せ」をサポートします。

はじめての方へ

コーチングを受けてみたい、興味がある方で、進め方などご相談は 無料です。
TEL:047‐702‐7772番  メール:coach@jso.co.jp
 
個人体験セッションは随時受け付けております。下記お問合せフォームより、お問合せ下さい。
 体験セッションは、対面あるいは、電話で行います。 料金:90分 3,000円(税別)
 
不明な点やご質問がございましたら連絡ください。

お客様体験談



HOME | コーチング